無申告のご相談をお受けしております!お申し込みはココをクリックお願いします

バックナンバー

個人の税務調査は会社員にもある。給与以外の収入(副業など)に注意
自宅サロン(兼事務所)の税務調査の注意点。自宅と仕事部分を明確に区分することが重要
ヤフオクの税務調査の特徴と対策
雑所得で申告していても税務調査はある。副業の申告に注意
ネットや本の税務調査情報は脱税などをしていないことが前提のことが多いので注意が必要
税務調査から逃げ切ることはできない。最悪を避けるためにしっかりと対応すべき
税務調査後にしばらく連絡がなくても過度に心配する必要はない
税務調査は抗議しないと認めたと判断されてしまうこともある
個人の税務調査が行われる明確な基準はない。売上規模は関係ない
税務調査とは何かを知って適切に対応すれば怖くない
税務調査では「前回は大丈夫だった」「あの人は大丈夫だった」は通用しない
税務調査で税理士に嘘や隠し事をすると重加算税など余計に税負担が増えてしまうことも
税務調査の日程調整。何日間か・いつがいいのか・都合が悪い場合は?
個人の税務調査が行われる基準。無申告・売上金額が怪しい・所得が少ない・消費税・業種
個人の税務調査でやってはいけないこと。嘘をつく・隠す・協力しない
税務署からのお尋ねは放置すると税務調査に発展することも。事実を回答して対応すれば問題ない
税務調査で重加算税・7年間と言われた場合の対応。「仮装隠ぺい」と「偽りその他不正の行為」があるか
税務調査では不正を見逃さないためにどうしても疑ってくる。事実をハッキリと主張することが大切
他人名義の口座を使っていて無申告は一番ダメ。他人の口座はなるべく使わない・必ず申告する
確定申告しなくてもいいけどした方がいいケースもある。損しないように!
検索しても確定申告のやり方がわからない場合はとにかく相談を!ほったらかしで無申告は絶対ダメ
個人事業主の税務調査でチェックされやすい科目と対策
個人の税務調査は無申告・ネット取引が増えている。しっかりと確定申告するのが一番の対策
法人成り後に個人事業を廃業しても個人の税務調査に入る!
個人の税務調査で調査期間が7年間となった事例と防止策
個人事業主の税務調査の流れ。最初の連絡から調査当日の内容・終了まで
税務調査を装った詐欺に注意!税務署から連絡があったら必ず連絡先と担当者を確認する
税務調査で何も指摘されないのはいいことか?適正な納税額なのかは確認するべき
税務調査で多額の追徴税額が発生して一括で払えない場合はどうすればいいのか?
【執筆】税経通信5月号で税務調査の新たな動きとして「個人事業者が指摘された調査実例と対応」を執筆しました
【執筆】企業実務3月号にて『税務署の「反面調査」対応のポイント』を執筆しました
【執筆】ネットビジネスの税務調査について執筆しました
何も資料が残っていない場合の税務調査で怖いのは消費税。可能な限り支払が確認できるものを用意する
税務調査の不安を減らすためにやるべきこと。相談する・可能な限り準備する・割り切る
税金の無申告を解消するには今さらと思わずに相談するしかない。一人で悩んでも解決できない
無申告の税務調査では住民税の申告状況も見られる。収入なしで申告すると重加算税になることも
税務調査ではお金の出所も調査される。売上もれ・架空経費・他の収入が発覚することも
税務調査で反面調査されるのは正確な金額が把握できないとき。資料がない・現金取引・売上もれが多い
税務調査で経費は何をどこまで調査される?人件費・金額が大きなもの・突発的なものは要注意
税務調査で指摘される「支払調書で申告している場合」の間違いで多いもの
領収書やレシートなど何も資料が残っていない場合の税務調査対策
楽天やヤフーなどネットショップの税務調査は何をどのように調べるのか
売上が間違っている・除外している・誤魔化している場合の税務調査対策
個人事業主の税務調査は何をどこまで調べられる?通帳はどうする?調査専門の税理士が解説
税務調査の延滞税を減らすために予納制度(前払い)を利用しよう!
税金が高いと思ったらやるべきこと。もっと早く確定申告の準備をするだけで税金を減らせるかも
独立開業して初めての確定申告は税理士に依頼しよう!正しい知識を得ることが大切
税務調査では「無知だったから」は通用しない。無知でも売上の集計を大きく間違えることはない
現金商売の税務調査のポイント。売上の証拠となるレジペーパーなどは絶対に捨てない!
【執筆】税理士の交代・引継ぎはこうするとスムーズ。税理士の交代は簡単にできる

続きを見る

The following two tabs change content below.
税理士 内田敦 【個人事業主の税務調査専門】

税理士 内田敦 【個人事業主の税務調査専門】

個人事業主の税務調査に特化しています。14年間税理士業界を経験して独立開業。従業員を雇わず税理士である自分自身がすべて担当しています。難しい専門用語を使わないことを心がけています。子育てに力を入れているイクメン税理士。

公開日: