無申告や修正申告のご相談をお受けしております!税務署から連絡が来る前に申告をしておきましょう

バックナンバー

税務調査は税金の負担も重いけどもっと大変なのは精神的な負担!相談だけでもしてみよう
税理士と税務署は違う!「税理士に怒られそう」「ハードル高い」と思う必要はない
税金で一番やってはいけないのは無申告。売上のごまかしもダメだけど無申告はもっとダメ!
税務調査で故意に売上を抜いたことが発覚した場合の罰則。重加算税と調査期間が7年間になる
税務調査では売上の間違いは徹底的に調べられる!理由を明確に説明できるようにしておく
個人事業主の経費のまとめ。経費にできるもの・領収書がないとき・いくらまでなら大丈夫?
節税に裏技はない!お金を残したかったら素直に税金を払うほうがいい
ブログから収入が発生した場合の税金はどうする?アフィリエイト・アドセンスなどの確定申告の基本
個人事業で税務調査が入りやすい業種。無申告や税理士がいない場合はどうなる?
確定申告の税金が高くてビックリした人が今からやるべきこと。帳簿作成と税理士に相談
脱税がバレない方法なんてない!脱税は結果として税金の負担が増えてしまう
税理士を選ぶときはタイプを見る。法人・個人・相続・怒る・怒らないなど
【執筆しました】企業実務「甘く見ると危ない加算税制度の見直し」
換価・納税の猶予の申請とは?延滞税が免除されることもある!
税金を期限までに納付できないとどうなる?差押えを防ぐには相談すること!
【執筆】みずほ総合研究所の会員誌FORUM-Mにて「税務調査対応の基本Q&A」を執筆しました
青色申告の65万円特別控除の要件は?いくら税金が減るのか?
節税の前にやるべき3つの基本。保管・帳簿作成・期限内申告(納付)。
副業の確定申告。20万円以下は本当に申告不要なの?申告はどうすればいい
税務署に苦情・クレームを言いたいときはどうする?納税者支援調整官も活用しよう
過少申告・無申告・重加算税が改正。罰金が増えないように税務調査前に自ら修正を!
個人事業主の生活費の勘定科目は?どう処理すればいいのか?
個人事業主の確定申告の基本。いつまでに何をやらなければいけないの?
個人事業主の確定申告の準備は帳簿の作成から。集計した帳簿は必ず保管しておく!
税務調査で一番大切なこと。税務署の言いなりにはならないが協力は不可欠!
今まで無申告なら今からでも申告しよう!期限が過ぎてしまっても確定申告はできる
節税のため今年の経費にしたいなら買うだけじゃダメ!今年中に納品・使用開始が必要
会社員でも税務調査は来る!副業や株取引などはちゃんと確定申告しないとダメ
確定申告で還付されるのはどんなとき?還付もれはもったいない!
税務調査で嘘や事実と違うことを言ってしまったらすぐに税理士に相談すべき!
税務調査されにくい確定申告書の書き方。怪しいと思われないことが大切!
年末調整の還付金を増やして住民税を減らすために受けられる控除はキッチリ受ける!
杜撰なときこそ税理士に依頼をすべき!確定申告だけでも大丈夫
【情報技術専門官】ヤフオク・アフィリエイトなどネット収入専門の税務調査官もいる!
【執筆実績】最新版「税務調査」のことが丸ごとわかるセミナー
白色申告の帳簿とは何?何を・いつ・どうやって書けばいいのか?
税務調査の宿題は早めに対処することで反面調査を防ぎ調査の早期終了につながる
税務調査で生活費の金額を聞かれる理由は大体の所得を把握したいから
税務署に行って税務調査を受ける場合のメリット・デメリット
【税務調査における対応・交渉のポイント】オンラインセミナーをやらせていただきました!
【随時更新】税務調査で実際に指摘された事例のまとめ
税務調査では早く終わらせるために落としどころを考えておくことも大切
税務調査は一番の情報源!税金の間違いを探すだけじゃなく情報収集もしている
【滞納処分】税金の支払いが遅れたりずっと支払わないでいるとどうなる?
【税務調査】事前に修正申告書を提出する場合はなぜ間違えたのかを説明できるようにしておく
余計な税務調査を防ぐ!税務署からの指導や連絡は無視せずちゃんと対応する
【税務調査】事前に修正申告するときは5年分した方がいい
税務調査で何も指摘されないのは税金を多く払っているからかも
事前に修正申告しても税務調査は来る!罰金は減るけど調査は無くならない
お問い合わせいただいた方へ

続きを見る

The following two tabs change content below.
税理士 内田敦 【個人事業主・小規模企業を応援】

税理士 内田敦 【個人事業主・小規模企業を応援】

子育てに力を入れているイクメン税理士。税務調査に強く個人事業主と小規模企業を応援しています。13年間税理士業界を経験して独立開業。従業員を雇わず税理士である自分自身がすべて担当しています。難しい専門用語を使わないことを心がけています。

公開日: