【無申告・期限後申告】

 

プラン対象者

すでに期限が過ぎてしまっている、過去の申告をしていない方のためのサービスです。

  • 過去の税金の申告をしていない
  • 提出期限が過ぎてしまった
  • 法人の場合は、売上5,000万円未満

※合併など特殊案件はお受けできません。

 

こんな悩みのある方へ

  • マイナンバーで無申告がバレるのではないかとハラハラしている
  • 税務署から連絡がくることを恐れている
  • 新たな借入をしたいと考えている
  • これからはちゃんとやっていきたいと思っているけどどうすればいいかわからない
  • 追加の税金がいくらかかるのか怖い

 

サービス内容

法人の場合は原則として事業年度終了後2か月以内に税務署に申告書を提出しなければいけません。2か月を過ぎてしまったら申告をしなくてもいいか、というとそういうわけではありません。

例え期限を過ぎてしまっても申告書の提出・納税は必要です。
申告をしないと金融機関からの借入もできません。

  • 無申告となっている税金の申告書を作成いたします。
  • 必要な届出書を作成いたします。(青色申告、消費税関係など)
  • 節税については可能な限り行います。
  • 領収書や請求書などをお預かりさせていただければ弊社で記帳を行います。
  • 法人税、消費税、地方税の申告書を作成いたします。
  • 会計ソフト、税務ソフトの指定には応じられません。

 

ご依頼いただくと

  • 過去の税金の無申告についてバレるかもという心配がなくなります。
  • 税務署から指摘される前に申告することで余計な罰金を減らすことができます。
  • 今後の申告についてどうすればいいかわかるようになります。
  • 以後の申告はきちんと期限内に提出できるようになります。
  • 銀行から新たな借入をすることができるようになります。

 

私が気を付けていること

偉そうな税理士がいますが、私は決してそのような態度は取りません。
お客様のお話をよく聞くことを心がけています。

詳しくはこちらをご覧ください ⇨ コンセプト

お客様の声はこちら

 

料金について

法人

1事業年度 基本料金 250,000円(消費税抜き) です。

ご依頼をいただいた時点で着手金として50,000円をお申し受けいたします。

※最初に法人の規模、業務内容、申告状況等をヒアリングさせていただきます。
基本料金の200,000円以外に費用が発生する場合には事前にお見積りを作成いたします。
(ヒアリングの時点で作業量などを確認させていただき、別途料金が発生する場合もございます)
法人の規模・業種などによりお受けできない場合もございます。

個人

1年 5万円(消費税抜き)

※ご自身で売上や経費などを集計していただく必要がございます。
私の方で会計処理をする場合には別途費用が発生いたしますので事前に金額をお伝えいたします。

 

キャンセルについて

お振込み後のキャンセルは返金致しかねますことをご了承ください。
着手金についてもご返金は致しかねます。

 

作業開始までの流れ

  1. お問い合わせフォームよりお申し込み
  2. 私からメールにてご連絡差し上げます。
  3. 現在の状況についてヒアリングさせていただきます。
  4. ヒアリングにより別途料金が発生する場合にはお見積書を作成いたします。
  5. 着手金をお振込みいただきます。
  6. 私から必要書類などをご連絡いたします。
  7. 作業開始

※過去の申告状況や届出書の提出状況を税務署に確認するため委任状をいただく場合がございます。

 

お申し込み方法

こちらよりお願いいたします。

 

 

【申告をしていなくて不安な方へ】

申告をしていないと金融機関からの借入もできません。
申告をしていないと税務署から連絡がきます。
今、税務署から連絡がきていないのはたまたまです。
税務署から連絡が来る前に申告をしましょう。

今後も事業を続けていきたい、と思っているなら早めに申告をすませましょう。

いよいよマイナンバーが始まり、無申告が心配な方も多いでしょう。
実際に当ブログにお越しいただく検索ワードも「マイナンバー無申告」が多いです。

無申告についてはますます厳しくなると予想されますので
指摘される前に申告をした方がいいです。

The following two tabs change content below.
税理士 内田敦 【小規模企業・イクメンの味方】

税理士 内田敦 【小規模企業・イクメンの味方】

子育てに力を入れているイクメン税理士。埼玉県生まれ千葉県育ち。13年間税理士業界を経験して独立開業。従業員を雇わず税理士である自分自身がすべて担当する方針を貫いている。難しい専門用語を使わないことを心がけています。

公開日:
最終更新日:2016/11/01