税理士にお願いしていいかわからない?迷ったらすぐに相談するべき!

   

木漏れ日

税理士にお願いする、というとハードルが高いように感じる方もいるようです。
規模が小さい、設立したばかりの会社こそ税理士にお願いした方がいいケースが多いのです。

本当にまだ税理士は必要ありませんか?

※サービス案内
税金でお困りの方はこちら税務相談の詳細 、開業1年未満の方はこちら開業支援プランの詳細 、顧問契約はこちら顧問契約の詳細

税理士にお願いするのはハードル高い?

仕事柄、社長とお話をする機会が多いのですが税理士に依頼するのって結構ハードルが高いように感じている方が多いようです。税理士である私からすると、「そんなことないと思うんだけどなぁ」と思うのですが、依頼する側からすると、気軽に相談するのは難しいようですね。。

中には怒ったりする信じられない税理士もいますけどね。。
こんな税理士に注意!怒鳴る・偉そうな税理士は未だに多い

確かに、自分が弁護士の先生に依頼するときのことを考えるとちょっと相談しにくいかな、とは感じます。税理士である私がそう感じるのですから一般の方はもっとでしょうね。

普段、税理士との関わりのない方からすると税理士に依頼するのはハードルが高いと感じるのも無理はありませんね。

ですが、税理士に依頼するのは決してハードルは高くありませんよ!

税理士は相談して欲しいと思っている

税理士なら誰もが経験したことがあるのが、
「もっと早く相談してくれれば」ということ。

もっと早く言ってくれれば、届出書が間に合ったのに。
もっと早く相談してくれれば、節税できたのに。
もっと早く問い合わせしてくれれば、税務署に指摘されなかったのに。

税理士として仕事をしているとこのようなことって本当によくあります!

本当にギリギリでどうしようもなくなってから「どうすればいいでしょうか?」と相談されるケースが多いです。

やはり相談しにくい、という思いがあるからギリギリでないと相談できないのでしょうね。でも、税理士は早く相談して欲しいと考えているのですよ。

電話の画像

迷ったら相談するべき!

税理士に相談するべきかわからない、というお話も聞きます。

  • こんなこと聞いていいのかな
  • 怒られるかも
  • まだ規模が小さいし

このような理由で税理士への相談を遅らせているケースもあります。
少しでも「聞いた方がいいのかな」と思ったらすぐに税理士に相談しましょう!

一般の方が「聞いた方がいいのかな」と思った時点で早く対策をしないといけないケースが多いのです!期限が迫っていることが非常に多い。

税理士に相談してみて問題なかったとしても、安心できますよね。心配することも迷うことも無くなります。相談したときに何をどうすればいいのか聞いておけばいいのです。

先延ばししてもいいことはない

「まだ規模が小さいから」と言う方がいますが、どれくらいの規模になったら税理士にお願いするのでしょうか?

まだいいや、と先延ばししてもいいことはありません。
期限間際になってしまうと節税もできません。
直前になって慌ててどうにかしようとしてもどうにもならないのです。。

税理士にお願いすればどうにかなるだろう、と思っている方もいますが期限間際ではどうにもできません。

先延ばししてもいいことはありませんよ。

ノートに書き込んでいる画像

税理士ってよくわからない?

税理士がどんなものかわからないからお願いしにくいのでしょうね。。どんな人なのか、どれくらいお金がかかるのか、この辺りがわかりにくいです。

税理士は高齢が多い?

税理士の平均年齢は60歳を超えていますので、大部分が高齢です。
これから起業する若い人にとっては自分の親かおじいちゃんくらいの年齢の税理士もいますよ。

自分の親くらいの税理士にお願いするのも嫌ですよね。。。

今や税理士もHPやブログをやっている人も多いので検索してみましょう。若い税理士ほどブログをやっています。HPやブログを見てよさそうな税理士を探してみましょう。

税理士報酬は高い?

以前は報酬規定があったのですが今はありませんので、税理士によって報酬はまちまちです。相談無料と言う税理士もいますし、申告書の作成報酬も税理士によってまったく違います。
税理士の選び方はどうすればいい?考えが合っているかが重要!

HPやブログを見ると報酬体系が載っていますので、幾つかの税理士サイトを見れば大まかな相場がわかるでしょう。当然、安ければいいというわけではありませんので値段だけで選ぶのはやめたほうがいいですが、ある程度の相場を把握することは大切です。

怒られる?

若い税理士ならお客様に怒鳴ったり怒ったりすることはまずありませんので心配しないでください!

上に書きましたように高齢の税理士だと自分のことを「先生」だと思っていることが多く、お客様に対して信じられないようなことをする場合もあります。
ネットに出ている若い税理士でしたら怒るようなことはありませんよ。税理士も今はサービス業です。お願いする側はお客様なのですから「怒られるかも」なんて心配する必要ありません。

怒られることはありませんよ。

まとめ

税理士に相談した方がいいかな・・・って思った時点で間違いなく相談するべきです!期限があるものなら尚更ですよ。

本当に「もっと早く相談いただければ」って思うときが多いです。
いつまでも不安な気持ちで悩んでいるよりも相談してスッキリした方がいいですよ!

迷ったら相談しましょう。

こんなこと相談していいのかな、と心配する必要はありません。
「そんなこと聞くな!」なんて怒る税理士はいませんよ!

※お困りの方へ

節税や手続きが不安なら税理士にご相談ください。私も税務相談をお受けしております。
税務相談の詳細はこちら

法人化(法人成り)や個人事業を開業したばかりの方を対象に開業支援プランを提供しております。通常の料金よりもリーズナブルな料金で税務関係のサポートをいたします。
開業支援プランの詳細はこちら

定期的に面談して節税や黒字化のための提案をいたします。
顧問契約の詳細はこちら

 

The following two tabs change content below.
税理士 内田敦 【小規模企業・イクメンの味方】

税理士 内田敦 【小規模企業・イクメンの味方】

子育てに力を入れているイクメン税理士。埼玉県生まれ千葉県育ち。13年間税理士業界を経験して独立開業。従業員を雇わず税理士である自分自身がすべて担当する方針を貫いている。難しい専門用語を使わないことを心がけています。

 - 正しい税理士の選び方や税理士の仕事