信用保証協会とは何か?基本を知って借入を有利にしよう!

      2016/10/09

信用保証協会

信用保証協会とは何でしょうか?
事業をやっていて銀行融資を検討されたことがある方なら聞いたことがあるでしょう。信用保証協会は融資を検討する際には必ず知っておいた方がいいです。

信用保証協会の基本を知っておきましょう!

税金についてお困りのことやお悩みがありましたらこちらからご相談ください。
税務相談の詳細

開業1年間をリーズナブルな料金でサポートする開業支援を行っています。
開業支援プランの詳細

定期的に面談して節税やアドバイスをします。
顧問契約の詳細

信用保証協会とは

事業をやっていると借入を検討することもでてきます。
そのときに耳にするのが、【信用保証協会】。
長年事業をやっている経営者ならみなさん聞いたことがあるはずです。

信用保証協会とは、信用保証協会法に基づき、中小企業者の金融円滑化のために設立された公的機関です。

わかりにくいのですが、簡単に言えば保証会社です。
銀行から借りて返せなくなったときに、代わりに銀行に返済してくれるのです。
そのために信用保証協会に保証料を支払うことになります。

ミラコスタと空

信用保証協会の役割

信用保証協会は、一般的に信用力がない中小企業に対して銀行融資の保証を受けることで中小企業の資金繰り支援をしています。

お金を貸す銀行からすれば、信用保証協会が保証してくれるなら安心なわけです。万が一、貸した人が返してくれなくても保証協会が保証してくれるわけですからね。

小規模企業者にとっては信用保証協会から保証を受けられるかどうかは非常に大きな影響があるのです。

信用保証協会は中小企業者の借入に非常に大きな影響力を持っています。

借入の種類は2種類

中小企業が銀行などから借入をする場合には次の2種類があります。

  • プロパー貸付
  • 信用保証協会の保証付き貸付

プロパー貸付とは、銀行などが保証なしで直接貸し付けてくれるものです。
信用力が低い中小企業が銀行からプロパー貸付を受けるのは大変です。
銀行側からすると保証がないので会社が倒産したら貸し倒れとなってしまうのです。

中小企業が銀行から保証なしで借りるのはハードルが高いのです。

プロパー貸付ですと、借りる側は信用保証協会に保証料の支払いをしなくて済みます。後で書きますが保証料は結構バカにならないのです。

銀行融資についてはこちらも参考に。
銀行融資の申込前に必ず知っておくべきこと

信用保証協会への申込み方法

中小企業が借入をする際には信用保証協会の保証が必要です。

信用保証協会の保証を受けるための申し込み方法は、

  • 直接、信用保証協会に申し込む
  • 銀行経由で申し込む

この2つの方法があります。

一般的には、銀行経由で申し込むことが多いです。
銀行に行って借入の申し込みをすると銀行側が保証協会に保証の依頼をするのです。

なので、銀行と信用保証協会の2か所に申込に行かないといけないわけではありません。

信用保証協会のメリット

信用保証協会を利用することのメリットは、

  • 借入がしやすくなる
  • 長期間の借入ができる
  • 銀行の金利が安くなる
  • 保証料は経費にできる
  • いずれプロパー融資も

このようなところです。

借入がしやすくなる

信用保証協会の保証を受けるわけですから当然借入はしやすくなります。通常、銀行は新規取引だと慎重になって融資をしてくれないのですが保証協会の保証があれば新規でも借入ができる場合もあります。

長期間の借入ができる

返済期間が長くなればなるほど貸す側からすれば貸し倒れのリスクが高くなります。借りる側からすれば返済期間は長くしておいたほうがいいです。信用保証協会の保証があれば長期間の借入もできるようになります。

銀行の利息が安くなる

保証があると銀行側のリスクが減るので利息も安くなります。その分、信用保証協会に保証料の支払いが必要となるのですが、トータルで安くなる場合もあります。

保証料は経費にできる

信用保証会社に支払う保証料は経費にすることができます。
3年とか5年などの期間に応じて経費にします。

いずれプロパー融資も

保証無しのプロパーはハードルが高いですが、信用保証協会の保証を利用して借入をして確実に返済をしておけば銀行からの信頼も得られます。

印鑑の画像

信用保証協会を利用する際の注意点

信用保証協会を利用する際には次のことを知っておきましょう。

  • 保証してくれるけど借金が無くなるわけではない
  • 保証してくれても借り入れができるとは限らない
  • 保証料は結構高い
  • 保証を受けられる企業が決まっている

保証してくれるけど返済は必要!

非常に多くの方が勘違いしているのですが、信用保証協会は保証はしてくれますが返済は必要です。
銀行から借入をして返せなくなったら信用保証協会が代わりに銀行に返済してくれます。あくまで代わりに返済してくれただけであって、今度は信用保証協会に返済をしなければいけません!

借入金が免除となるわけではありません!

ここを勘違いされている方が非常に多いです。保証料を払っているのはあくまで代わりに返済してもらうためであって返済を免除してもらうためではありません。

借入は免除されませんので注意しましょう。

保証があっても借り入れできない?

銀行から借入をする場合には、銀行の審査と保証会社の審査の2つが必要です。
なので、保証会社の審査が通っても銀行の審査が通らないと借入ができません!

いくら信用保証協会が保証してくれても、銀行の審査が通らないと借入はできないのです。

銀行の審査で保証協会が保証してくれることが条件、となる場合もあります。

銀行と保証会社の両方の審査に通らないといけないのです。

保証料が結構高い!

信用保証協会から保証を受けるためには保証料を支払うことになりますが、この保証料が結構高い!

保証料は借入金額、返済期間、業種、業績などにより異なります。一般的に1,000万円を借りるときの保証料は数万円から20万円程度になるケースもあります。

結構バカにならないのです。

保証を受けられる企業が決まっている

中小企業であれば通常は保証を受けることができますが、受けられない場合もあります。

一部を載せておきます。

業種 資本金 従業員数
製造業等 3億円以下 300人以下
小売業 5,000万円以下 50人以下
サービス業等 5,000万円以下 100人以下
卸売業 1億円以下 100人以下

規模が大きな会社になってくると保証を受けることができなくなります。

まとめ

中小企業にとって信用保証協会は非常に大きな影響があります。
基本的なところは知っておいて損はありません。

借入を申し込みする前に基本を知っておきましょう!

資金調達方法を知っておこう!

 

※お困りの方へ

節税や手続きが不安なら税理士にご相談ください。私も税務相談をお受けしております。
税務相談の詳細はこちら

法人化(法人成り)や個人事業を開業したばかりの方を対象に開業支援プランを提供しております。通常の料金よりもリーズナブルな料金で税務関係のサポートをいたします。
開業支援プランの詳細はこちら

定期的に面談して節税や黒字化のための提案をいたします。
顧問契約の詳細はこちら

 

The following two tabs change content below.
税理士 内田敦 【小規模企業・イクメンの味方】

税理士 内田敦 【小規模企業・イクメンの味方】

子育てに力を入れているイクメン税理士。埼玉県生まれ千葉県育ち。13年間税理士業界を経験して独立開業。従業員を雇わず税理士である自分自身がすべて担当する方針を貫いている。難しい専門用語を使わないことを心がけています。

 - 資金繰り・会社経営など