無申告のご相談をお受けしております!お申し込みはココをクリックお願いします

   

税務調査では余計な話や雑談はしない方が良い?

 
税務署の画像

この記事を書いている人 - WRITER -


個人事業主の税務調査の対応に力を入れている税理士です。税務調査の相談・立ち会いをしています。10歳と7歳の2児の父で子育てに力を入れているイクメン税理士です。(両方とも男の子)
⇒ 詳しいプロフィールはこちら ⇒ 税務調査の本を出版しています。→ 個人事業者の税務調査対応ケーススタディ

※記事の内容は執筆時点の情報にもとづいています。

税理士 内田敦

税務調査では雑談はしない方が良いのか?とよく聞かれます。
余計なことをポロっと言ってしまいそうなのであまり話したくない、という言葉もよく聞きます。

神経質にならず普通に会話する程度なら問題ありません。

過度に気にする必要はありません。

※サービス案内
税務調査のご相談はこちら→ 税務調査サービス

雑談から発覚する?

税務調査の相談を受けるときによく聞かれる質問が「雑談はしない方がよいか」です。
結論としては、普通に会話していただいて問題ない、です。

みなさん心配されるのが、雑談から何か発覚するのではないか?です。

余計な話をしてしまってそれがキッカケでよくないことが発覚するのではないかと心配されているのです。

今まで何度も税務調査の立ち会いをしてきましたけども、雑談から何かがわかるということはほとんどありませんでした。

何かが発覚するのは雑談ではなく通常のやり取りのときです。
仕事のこと、申告書の作成方法などの聞き取りをしていくなかで発覚することが多いのです。

雑談は雑談でしかなく、本当に関係のない話ばかりが多くそこで何かを新たに発覚するようなことはあまりありません。

このページに知りたい情報がない場合は下記も確認してみてください。
・税務調査についてまとめたページ

余計な話はしない方が良い?

雑談と同じくよく質問されるのが「余計なことは言わないようにした方がいいですか?」です。

こちらも雑談と同じくそれほど気にする必要はありません。
余計な話から何かキッカケを掴んで、、、とよく聞くことですがこれも神経質になる必要はありません。

税務調査は調査官からの質問に回答する形で進みます。
質問に対して必要以上のことを話す必要はないのですが、そこでたくさん話したからと言って不利になってしまうようなことはありません。
必要以上に話す必要はありませんが「余計なことを話さないように」と変に意識する必要はありません。

何も問題がなければ恐れる必要はない

そもそもですが、何もやましいことがなければ恐れることはありません。

ゴルフが趣味だろうが、よく飲みに行くことなどを話しても問題はありません。
仕事と関係ないものは経費にしていなければいいのですから。

雑談をしないように、余計なことは言わないように、と考える前にまずは「誤りのない申告」をすることが大切です。

調査官が雑談などから情報を得ているのは事実です。
事実ではありますが、過度に心配しすぎてまったく会話しないというのも不自然です。
普通に会話するくらいなら問題はないです。

敵対する必要はない

税務署は敵だ、と考えている人もいます。
仲間とは言えませんけども敵というのは考えすぎです。

税務署側は疑ってくるのでどうしてもこちらも言葉が荒くなりがちですし、話をしたくないと思うのも当然です。
税務署が疑ってくるのは仕事だからです。
仕事だから、と割り切るようにしましょう。

敵対せずに調査に協力した方が良いです。

質問に答えず会話もしないのはよくありません。

最後に

内田
「質問に回答し普通に会話するくらいは問題ありません。過度に意識しないようにしましょう。」
※サービス案内
税務調査のご相談はこちら→ 税務調査サービス

 

The following two tabs change content below.

税理士 内田敦 【個人事業主の税務調査専門】

個人事業主の税務調査に特化しています。14年間税理士業界を経験して独立開業。従業員を雇わず税理士である自分自身がすべて担当しています。難しい専門用語を使わないことを心がけています。子育てに力を入れているイクメン税理士。
 

  関連記事 - Related Posts -

 

  最新記事 - New Posts -