個人の税務調査の不安を和らげます

個人事業者の税務調査でレジを通していない売上げは把握される?

  
古いレジ
\ この記事を共有 /
個人事業者の税務調査でレジを通していない売上げは把握される?

レジを使っている場合には必ずレジをチェックされます。

レジを通していない売上げがあると何かしらの方法で把握される可能性があります。

レジを通さず意図的に売上げを抜くようなことはしないようにしましょう。

 

(売上漏れについて簡単にお話しました)

レジは調べられる

業種にもよりますが、レジを使っている場合は必ず調べられると思っておきましょう。

今までに飲食店、美容院などレジを使っている業種では間違いなくレジを調べられています。

レジの何を調べるのかと言うと

  • 過去の記録(レジペーパー)
  • 操作方法
  • 誰が操作するのか
  • 締めるときはどうているのか

などです。

 

特にレジペーパーの有無については調べられます。

レジペーパーは保存しておくべきなのですが、保存していない人も多くいます。

レジペーパーの保存が無いと売上げの確認に時間がかかるので大変ではあるのですが、

レジの機種によっては過去の記録をすべて出力できることがあります。

 

参考 → レジペーパーは絶対に捨てない

 

実際に過去の記録をすべて出力するように言われたことがあります。

レジペーパーをまったく保存しておらず売上げの確認が難しい状況だったのですが、

税務署側がレジの操作方法を調べたところ過去の記録がすべて出力できることがわかったのです。

 

税務調査についてまとめたページを作りました!この記事に知りたい情報が無い場合は下記も確認してみてください。


→ ・税務調査についてまとめたページ

このケースでは売上げ漏れはなかったので大きな問題にはなりませんでしたが、

もし意図的に売上げを抜いてしまっていたりするとレジペーパーによってそれが把握されることとなります。

 

レジを通さないとバレない?

レジを通していないと売上げを確認することはできないのか?と聞かれたことがあります。

確かにレジを通していなければレジペーパーを出力しても出てきません。

予約表や売上表などを付けていればそれらと付け合わせることで売上漏れを把握できるでしょう。

もし予約表などがなかったら売上げ漏れが絶対にわからない・・・というわけでもありません。

予約表や売上表などが無いとわかりにくいのですが、どこからか把握されることとなります。

お金の流れに不自然なところがでてくるからです。

 

どこかに不自然な点がでてくる

 

例えば、銀行にお金を預けたとき。

5万円を預けたとすると手元に5万円の現金があったはずです。

その日の売上げとして5万円が計算されていればいいのですが、もし売上げがないとしたら不自然です。

売上げが無いのに預け入れした5万円がどこから出て来たのか? が問題となります。

 

別のケースとしては、

現金で何かの支払いをしているとき。

5万円の材料代を現金で支払ったとすると手元に現金5万円があったことになります。

売上げが無く、銀行からも引き出していないのにその5万円がどこから出て来たのか? が問題となります。

 

(現金の売上もれについて)

 

これらは一例ですが、このようにどこかに不自然な点がでてくるわけです。

調査官はお金の流れも見ています。

その流れの中で「おかしい?」と思われるところが出て来ると細かく調べられることとなります。

 

参考 → 売上げが間違えている・除外している場合の税務調査対策

 

税務署もわかっている

税務調査の調査官は当然ながら様々なケースを経験しています。

レジを使っている場合に注意すべき点もわかっているのです。

 

こちら側が誤魔化そうとしているのではないか?といった前提で調査をしてきますのでどこかに不自然な点があるとすぐに見つけられることとなります。

 

もちろん調査官の経験にもよりますが、下手な小細工は把握されてしまうと思っておきましょう。

「まさかこんなところから」と思いもしないところから売上げ漏れを把握されることもあるのです。

 

売上げ漏れがあるなら修正申告

もし売上げ漏れがあるならすぐに修正申告書を提出するようにしましょう。

先ほど述べたようにバレないと思っていても、思いもしないところから売上げ漏れを指摘されることもあります。

売上げ漏れはまず把握されると思っておきましょう。

 

売上げ漏れがあるならなるべく早く修正申告書を提出するべきです。

参考 → 脱税してしまっている場合は修正申告・嘘をつかない

 

それが結果として負担を減らすことになりますし、税務調査の際には早期終了につながります。

 

私も税務調査のご相談をお受けしております。

お困りの際は下記よりご相談ください。

※サービス案内
税務調査でお困りの方はこちら→ 税務調査サービス

The following two tabs change content below.
税理士 内田敦 【個人事業主の税務調査専門】

税理士 内田敦 【個人事業主の税務調査専門】

個人事業主の税務調査に特化しています。14年間税理士業界を経験して独立開業。従業員を雇わず税理士である自分自身がすべて担当しています。難しい専門用語を使わないことを心がけています。子育てに力を入れているイクメン税理士。

この記事を書いている人 - WRITER -

個人事業主の税務調査の対応に力を入れている税理士です。税務調査の相談・立ち会いをしています。11歳と8歳の2児の父で子育てに力を入れています。(両方とも男の子) ⇒ 詳しいプロフィールはこちら ⇒ 税務調査の本を2冊出版しています。 ※記事の内容は執筆時点の情報にもとづいています。

税理士 内田敦

[speheader position="right"]個人の方の税務調査専門です!

[/speheader]

Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.