無申告のご相談をお受けしております!お申し込みはココをクリックお願いします

      2021/07/15

税務署に苦情・クレームを言いたいときはどうする?納税者支援調整官も活用しよう

 
税務署の画像

この記事を書いている人 - WRITER -


個人事業主の税務調査の対応に力を入れている税理士です。税務調査の相談・立ち会いをしています。10歳と7歳の2児の父で子育てに力を入れているイクメン税理士です。(両方とも男の子)
⇒ 詳しいプロフィールはこちら

⇒ 税務調査の本を2冊出版しています。
※記事の内容は執筆時点の情報にもとづいています。

税理士 内田敦

 

税務調査や税金の支払いの督促など、税務署に対する苦情を訴えることができるところがあります。

納税者支援調整官というものです。

 

税務署内の組織なので税務署の身内なのですが税務職員の対応が悪い場合は納税者支援調整官に訴えることも考えてみましょう!

 

※サービス案内
税務調査の対応いたします!→ 税務調査サービス一覧

 

 

態度の悪い税務署職員はいる

 

一般の方が税務署と関わることはあまりありません。

確定申告のときや税務調査くらいで普段は関わることはないでしょう。

場合によっては税務署と一生かかわることがない人もいます。

 

もちろん納税はするのですが税務署の職員と関わることがない、という意味です。

ずっと会社員などであればかかわることがないかもしれませんね。

 

個人事業主になるとそうもいきません。

毎年確定申告が必要ですし、税務調査などでどうしても関わりが出て来ます。

 

「税務署」のイメージは決していいものではありませんが、最近では対応も良くなって来ており横柄な職員は減って来ています。

 

ですが、一部ではまだ態度が悪い職員がいるのも事実です。

そのような態度が悪い職員に苦情を言いたいときはどうすればいいでしょうか?

 

税務署に協力することは大切なのですがなんでも言いなりになる必要はありません。

 

参考→ 税務調査で大切なこと。税務署のいいなりにはならないが協力は必要

 

税務署の職員に苦情・クレームを言いたいとき

 

税務署に苦情を言いたいときは、

  • 税務署に連絡して統括官に相談する

  • 納税者支援調整官に連絡する

この順番となります。

 

まずは税務署の統括官に苦情を伝える

 

まずは苦情・クレームを言いたい職員がいる税務署に連絡します。
納税者とやり取りをするのは普通の職員なので、その職員本人に言ってもあまり効果がありません。

苦情を言うなら課長や部長にあたる上司である統括官に連絡をしましょう!

 

上司である統括官が職員の仕事を管理していますので、統括官に苦情・クレームを伝えます。

具体的には、

  • 苦情を言いたい職員の部門を確認(個人3部門、法人4部門など)

  • 電話してその部門の統括官に伝える

となります。

税務署には個人部門と法人部門があってそれぞれ部門がいくつかあります。

その部門の統括官に苦情を言うのです。

 

私も色々な統括官と話をして来ましたが、上司になるだけあって経験も豊富でこちらの意見をよく聞いてくれます。

 

まずは税務署の統括官に連絡してみましょう!

税務署がダメなら納税者支援調整官に連絡

 

あまり知られていないのですが、税務署に対する苦情・クレームを伝えることができる窓口があります。

それが納税者支援調整官です。

 

全ての税務署にあるわけではなく、税務署の上にあたる国税局に設置されています。

設置されている国税局や税務署は国税庁ホームページで確認できます。

税務署に相談してダメなら納税者支援調整官に連絡しましょう!

 

ただ、本当に効果があるかは疑問なのも事実です。

 

納税者支援調整官も税務署の身内

 

ただ、納税者支援調整官も税務署の身内です。

独立した機関としてあるわけではなくあくまで国税局の組織なので税務署と同じ身内なのです。

 

「身内に言っても・・・」と思いますよね。

 

ですが、納税者支援調整官から税務署に「このような苦情があった」と連絡があるだけで職員にとっては一定のプレッシャーになるようです。

 

費用がかかるわけではありませんので税務署に相談してもダメなら納税者支援調整官に相談してみるのもいいでしょう。

 

税務署にはどんなときに苦情を言えばいいのか?

 

基本的には「対応が悪いとき」となります。

税務調査の対応や税金の支払い時の対応が対象となります。

 

税務調査で横柄な態度をとったり、税金の支払いで強制的に支払いをさせられたりした場合は苦情を言ってみましょう!

 

予告もなく急に税務調査に来た!と言うのはダメです。

現金商売や不正などをしていると思われる場合などは予告なしでも税務調査ができるとされていますので、苦情を言っても対応してもらえません。

 

私が実際に苦情を言ったのは税務調査の対応についてです。

奥様が病気がちで自宅に税務署が来られると困るのでその旨を伝えたら「信じられない、嘘ではないか、診断書を持ってこい」と言い出したのです。

さすがにヒドイと感じたので税務署の統括官に苦情を言いました。

 

苦情の基準はありません

 

「このようなときは苦情を言ってもいい」という基準はありません。

自分が「対応が酷いな」と思ったらその旨を伝えればいいのです。
我慢する必要はありません。

 

 

税理士に相談も

 

もし、税務署に苦情を言いにくかったら税理士に相談してみましょう!

近くの税理士会などでも大丈夫です。

まとめ

 

最近は税務署の対応も良くなって来ました。

税務調査でも偉そうだったり横柄な態度を取る調査官は少ないです。

それでもまだ一部では対応の悪い職員もいます。

 

「ヒドイ」と思ったらまずは税務署に相談してみましょう!

 

The following two tabs change content below.

税理士 内田敦 【個人事業主の税務調査専門】

個人事業主の税務調査に特化しています。14年間税理士業界を経験して独立開業。従業員を雇わず税理士である自分自身がすべて担当しています。難しい専門用語を使わないことを心がけています。子育てに力を入れているイクメン税理士。
 

  関連記事 - Related Posts -

 

  最新記事 - New Posts -