無申告のご相談をお受けしております!お申し込みはココをクリックお願いします

      2021/07/30

税務調査では「やましいことがあるとき」こそ相談を!相談しにくいと思わないで欲しい

 
会議室の画像

この記事を書いている人 - WRITER -


個人事業主の税務調査の対応に力を入れている税理士です。税務調査の相談・立ち会いをしています。10歳と7歳の2児の父で子育てに力を入れているイクメン税理士です。(両方とも男の子)
⇒ 詳しいプロフィールはこちら

⇒ 税務調査の本を2冊出版しています。
※記事の内容は執筆時点の情報にもとづいています。

税理士 内田敦

 

ご相談を受けているとよく聞かれるのが「相談していいのか」「誰にも相談できない」という言葉。

 

何かやましいことがあると相談しにくいと思う人が多いようです。

 

税務調査に限ったことではありませんが、やましいと思うことがあるときこそ税理士に相談していただきたいです。

 

 

ちゃんとやってないから相談できない?

 

税務調査の相談を受けるようになってからご相談者からよく聞かれるのは「こんなこと相談していいのか?」「誰にも言えない」です。

 

自分の確定申告のこととなると収入がわかってしまいますし、お金に関することなので相談しにくいのかと思います。

 

ただそれだけでなく「しっかりと確定申告していない」から相談できないと考えることが多いようです。

 

  • 帳簿を作成していない

  • 領収書が残っていない

  • 売上げを誤魔化している

  • ちゃんと計算していない

  • 脱税している

 

などなど。

 

しっかりとやっていないから相談できないと考えられてしまうのです。

 

怒られる、恥ずかしいなどと考えてしまうのですね。

 

(税務調査のセミナーをしました。参考にしてみてください)

 

→ 【動画です】税務調査における対応・交渉のポイント

 

ちゃんとやってないときこそ相談するべき

 

税務調査の相談を受けていて感じるのは、ちゃんとやっていないときこそ相談してほしい、です。

 

税務調査においては、事前にどれだけ準備するか・対策するかで大きく結果が変わってくるのは事実です。

 

仮に脱税などをしていても事前に準備をするかどうかで大きく変わります。

 

なので「ちゃんとやっていないときこそ相談してほしい」のです。

 

やましいことがあるときこそ相談をするべきなのです。

 

先ほど書いたように相談しにくい気持ちもわかります。

怒られるのではないか。
恥ずかしい。

と思わずにぜひ相談していただきたいです。

 

もっと早く相談してくれれば

 

税務調査の相談を受けていて一番残念に感じるのは「もっと早く相談してくれれば」です。

 

税務調査が始まってしまっていたり、終わってしまってから「すごい多額の税金が出てしまってどうすれば」と相談を受けることがあります。

 

税務調査が終わってからではどうにもできることが限られてしまうのです。

 

税務調査が始まる前に相談してくれていれば何とかなったかも、と思うことが少なくありません。

 

これからちゃんとやればいい

 

今まで脱税をしてしまっていたらその分の負担はあります。

加算税もかかります。

 

(税務調査前にご相談いただければ出来るだけ負担が少なくなるようにしたいです。)

 

これからちゃんとやろうと思っていただけているなら問題ありません。

 

こんな状態では相談できない、なんて思わずにご相談ください。

 

私は今までに脱税をしていた方からのご相談も多く受けています。

 

もちろん脱税はいけないことですが、これからしっかりと申告すればいいのです。

 

※サービス案内
税務調査のご相談はこちら→ 税務調査サービス

 

お困りの際はご相談ください。

 

The following two tabs change content below.

税理士 内田敦 【個人事業主の税務調査専門】

個人事業主の税務調査に特化しています。14年間税理士業界を経験して独立開業。従業員を雇わず税理士である自分自身がすべて担当しています。難しい専門用語を使わないことを心がけています。子育てに力を入れているイクメン税理士。
 

  関連記事 - Related Posts -

 

  最新記事 - New Posts -